練習内容

1.鎮魂行

鎮魂行は、自分自身の行いを振り返るとともに、少林寺拳法の教えを実践することをあらためて意識するためのものです。気合を入れ、大きな声を出し、座禅を組み黙想することで、心と体のバランスをとり、さらに向上心、集中力、忍耐力などを養っていきます。

2.準備運動

主に肩・背中・下半身のストレッチを中心に行います。少林寺拳法の剛法は、突き技で背中の筋肉を、蹴り技で足の筋肉を使うため、この二点のストレッチは特 に重視しています。ストレッチ運動による緊張と緩和によって、身体のバランスを整える事を意識し、インナーマッスルも鍛えることが出来ます。
ストレッチが終わった後、少林寺拳法の剛法の基本である「目打ち・振り子突き・中段蹴り・下段蹴り」の四つを、ウォームアップとして行います。ここで少林寺拳法の突き蹴りの基本を学び、効果的な攻撃をするための土台作りをします。

3.基本練習

基本技術とは、ウォームアップで行う「突き蹴り」の基本をベースに、相対で行う技に近づけた技術のことを言います。ウォームアップでは簡単な突き蹴りの練 習しかしませんが、この基本技術の練習では、「足刀蹴り・廻し蹴り・後ろ蹴り」といった攻撃の基本技から、「内受・上受・外受」といった攻撃をかわす技術 の練習も行います。
また、柔法の投げ技において怪我をしないための「受け身」の練習や、ウォームアップや基本技術で学んだ技術を移動しながら行う「移動基本」の練習もここで行います。
基本技術で学ぶことは、法形と呼ばれる二人一組で行う技術の土台となっているため、法形(相対でやる技術)の上達には、この基本技術のしっかりとした練習が欠かせません。